RSS | ATOM | SEARCH
北の海から手紙を送ります。
おはようございます、なんぶです。
久しぶりにエルちゃん(サイドバーにいるパンダ)に話しかけたら、開口一番、

「何に興奮したんだ?」

…な、何?わ、わたしをどうしたいの!?
変な動悸が止まりません。

しかしすっかり寒くなってきましたね。
コタツを出して、パソコンをそこにうつして、
暇さえあればパソパソ台本を書く日々を続けております。
書いては消し、消しては書いて消す、を繰り返していますと、
何か、遠い記憶が向こうからやってきます。
ああそうだ、
二年前、芝居が終わった後、必死に卒論書いてた頃と同じだ。
あの頃、「女は狂って芸術を生む」とかいう狂った理論を展開し、
教官に「狐が憑いてる!」「おめえの文章は読むと憑かれるんだよ」と言われ、
逃げ回られ続けた頃が、鮮やかに蘇って、くしゃみがでました。

考え続けて考え続けて、考え続けていると、
突然ぶわー、と頭にストーリーが流れ込んで来る瞬間があります。
それを私は「降りてくる」と呼んでますが、
切れ切れのアイデアが、一直線に並ぶ瞬間です。
グランドクロスです。

まあ、なかなか来ないんですけどね。
降りてくるのは、別のモノばかり。

気分転換に、これからえみちゃんと温泉に行ってきます。
author:なんぶくみこ, category:お芝居, 06:41
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://essay.nanbukeisatsu.com/trackback/299822