RSS | ATOM | SEARCH
水無月の帰郷。
こんにちは、なんぶです。
喉風邪を引いてしまったらしく、ここ2週間ほどフニャフニャしてました。
抗生物質のおかげでだいぶ落ち着いてきましたが。

「ところで次回公演は?」と疑問の方もいらっしゃるかと思いますが、
場所は候補があるんですが、何せ私がど残業エブリデ 状態でまったく動けんのですよ。
しかもプロジェクトがアレ状態で納期が遅れることが確定したので・・・。
ウフフ・・・夏休みあるのかなあ・・・。

そんなこんなで、つかの間のバカンスを楽しんできました。



旧友の結婚式行っ てきました。
なんと同じテーブルに座ったのが、会社の同僚(別部署で役職は上)!!
私は中学時代の友人ですが、彼女は大学のときのご友人だそう です。
・・・そんなことあるんですね・・・。

ホテル内の教会が凄かったで す。
カトリックだったようで、色々大変だったそうです。
(教会通ったり)
神父さんが日本人でした。
が、生演奏のパイプオルガンと聖歌がよく響く教会で、
神父さんの声が反響しまくってまったく聞き取れず。

しかし荘厳な式でした。
神や精霊が今そこに「存在している」ような、感動を覚えました。
すごいなあ。

披露宴は趣向を凝らしていて楽しかったです。
どうぞ末永くお幸せに!!

せっかくなので遠出しようかとも思いましたが、
体力が続かず断念。
近所のお稲荷さんでプロジェクトの成功を力いっぱい念じてきました。
とりあえず、みんな仲良くしてくれますように。




実家近くの専門学校で、月2〜3回ケーキ屋がOPENしてます。
未来のパティシエ(予定)がつくるケーキが200円で買えます。
母いわくモノによるそうですが、買ってきてもらったのはおいしかったです。
お近くの方はぜひ。
・・・平日昼限定ですが。

ちなみに母上が非常勤で働いてたりしますが、
母の愚痴を聞く限り鬼教官のようですので、
くれぐれも触れないようにお願いします。
後輩たちは、私がフルスロットルで
Tみや君やジャリーズ達を叱り飛ばしていた姿を思い出せばよかです。
母の話を聞いていると、あの叱り方は母譲りのようです。

学校が繁華街近くにあるので、生徒さんたちもオシャレしてやってくるそうですが、
調理に化粧はご法度。
「料理教室」ならともかく、将来世に出る(かもしれない)子たちばかりなので、
しっかり矯正教育して送りださねばならないのですが、
先生の心、生徒知らず。
結局、教育者の最終手段「単位やらん」を発動して従わせるそうですが、
母の怒りがおさまりません。
「マスカラばっちりつけて料理するとよ、信じられんめ?」
「調理室の入口にビオレ置いときゃよかろうが」
まったく、宥める娘の気持にもなってください。

実家帰るたびに思います。
遺伝怖い。


※実家の床の間がえらいことに
author:なんぶくみこ, category:日常, 11:40
comments(0), trackbacks(1), - -
Comment









Trackback
url: http://essay.nanbukeisatsu.com/trackback/935192
大学 夏休み 大阪府立大学
恩師・村田監督から中沢選手へ ‎3 時間前‎ 高校時代は県新人大会ベスト8が最高成績だったが、大学に進んで続ける道もあった。だが、中沢選手はプロを一直線に目指す。卒業するとすぐ、アルバイトで蓄えた5万円を握り締めてブラジルへ単身
夏休み 旅行情報, 2010/06/19 5:43 PM