RSS | ATOM | SEARCH
鯉はいつでも初舞台
Picture083112_135429.jpg
はいはい。どーも。
世界の国からこんにちは。
ワールドワイドひろおかです。
なーるほどザひろおかです。

いやいや、久しぶりだねぇ、みんな。
元気だったですか?
元気だったり病気だったり、
色々あったけど、
私は元気です。

なんだかさ、
こんな時ばっかしブログに登場して、
なんつーか、
現金っつーか、
図々しいようですが、
なんぶさんが何度も書いてくれたように、
いよいよ今日から、
浅草橋はアドリブ小劇場にて、
劇団☆東京SaVannaT's 第三回公演
「法王庁の避妊法」
が始まります。

現在、絶賛ゲネプロ中です。
僕は出番がちょっとなので、
こうして楽屋でぼけーっとしてんですが、
写真の大寄くんはさっき、
舞台に出ていきました。

「東京風だねぇ。」

今、舞台から聞こえてきた彼のセリフです。

まだ、座席に余裕があるそうなんで、
この週末、時間のある人、
予定がキャンセルになって暇な人、
今日で会社を辞めて明日から路頭に迷う人、
是非とも浅草橋まで足をお運び下さいな。

SaVannaT's は本来、女の子ばっかしの劇団で、
まぁ、今は件の大寄君がいるので、
ばっかしではないんですけど、
とにかく女の子が多いので、
楽屋は大変楽しい訳ですが、
差し入れに甘いものがたくさん届く可能性があります。

それは大変ありがたいんですが、
とても美味しく頂きますんですが、
あんまり甘いものは一度にたくさん食べられないですやんか。
もう僕もおじさんですし。

という訳で、
差し出がましいお願いで大変恐縮ですが、
浅草橋までお越しの際は、
差し入れにはお稲荷さんかおむすびを
ご用意頂けますでしょうか?
分かりました。
サンドイッチも可とします。
あ。
カツサンドなんてどーですか?
いいじゃないですか。

ちなみに役者は8人、
スタッフと受付とかの人を入れれば、
劇場にはだいたい12〜13人の人がいるかと思います。
僕、
一人占めしようなんて思ってませんから。

あれ。
俺、自己紹介なんて書いたっけ?
ワールドワイド。
関係ないな、これ。
今んとこ。

さてさて、本題です。

僕は日本人である前に地球人であり、
それと同時に広島カープファンなんですが、
そして、
芝居の仕込みとか本番の日には
レプリカユニフォームを着ていくのが恒例なんですが、
先日の小屋入りの日、
カープのユニフォームを着て、小屋入りし、
帰りに駅で電車を待っておりました。

時間は確か10時半頃。
あ。
夜のね。

その日はカープは神宮球場で目下の敵であるヤクルト戦。
マエケンで初戦を勝って迎えた大事な二戦目でした。

僕は訳あって携帯電話を持ってなくて、
結果が気になりながらも、
おうちに帰るまで我慢していたんです。

そしたら、なんか泣きそうな顔のヤングサラリーマンが、
こっちをチラチラ見てきやがるんです。

こっちは手ぶらだし、
ラフすぎる格好だし、
夜遅い時間だし、
実は警官で職務質問されたらやだなって思ってたら、
イヤホンを外してヤングが近づいてくるんです。

「すいません、
今日、カープどうでした?」

わー、やっぱりそうか。

「実は知らないですよ。
今日はたまたまコレ着てますけど。」
「あ。そうなんてすか。
てっきり神宮帰りかと。」
「違うんですよ、気になってんですけどねぇ。」
「そうですか。」

そういうとヤングサラリーマンは戻っていきました。
そして携帯をちこちこ。

したら
「あー。」
っつって僕に携帯の画面を見せてきました。
皆さんご存知の通り、そこには
ヤクルト5-1広島

「昨日マエケンで勝っていい感じだったんですけどねぇ。」
「まぁ、明日大竹で勝てば。」

そんな話をちょっとして、
そのヤングマンとは別れました。

携帯で調べられるんなら、
なんで俺に話しかけた?
って事に気付いたのはもっとずっと先の話です。

今プロ野球ファンの中で最も野球を楽しんでいると言われている、
広島ファンですから、
喜びを分かち合い、
哀しみを慰め合いたかったのかな?
それにしても、
すごい泣きそうな顔してたな、彼。

シーズンの終わりには彼も笑顔になってくれるといいなと、
今日も本番中に、
携帯片手に楽屋での応援に熱が入るのです。

石井琢郎が引退発表して、
今年も戦力外予想の季節が近づいてきましたが、
今年のシーズンはまだまだ長いぜ。

この公演が終わったら、
11月の鋼鉄村松の舞台美術をやらねばなりません。
その頃まで、
今年はシーズンが続いていますように。

ワールドワイドと言えばそう、
今年はワールドシリーズも見なきゃなんないかな。
おっと、
彼の話もシーズンオフまで自重しなければ。

そうしようそうしよう。
そうすればシーズンが長く続くかもしれん。
そうしようそうしよう。
末永は多分、もう厳しいな。
author:ひろおかあつし, category:スポーツ, 15:28
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://essay.nanbukeisatsu.com/trackback/935323