RSS | ATOM | SEARCH
出典:Wikipedia
おはようございます、なんぶです。
あついですね。
枝豆が終わったプランターを使ってコンポストにしているのですが、
(こんなの→  http://homepage2.nifty.com/hanasaka/taihi_kani_make.htm )
よしずの影に入れてるのに土がカラカラになってしまいます。
コンポストにならねえ!

1週間経ちましたが、サバンナ見に来てくださった方、ありがとうございました。
三日目に受付手伝いに行ったのですが、大盛況で目が回る忙しさでしたよ。
前日に劇団劇場も観に行ったんですが、
懐かしい人や会いたかった人にたくさん会えて、
とてもいい時間を過ごせました。
芝居も面白かったし、楽しい気分で酒を呑めるとはなんたる娯楽か。
ありがとうございました。

方々で刺激を受けて、
私も脳内イメージが固まってきました。
資料あさりをせねば。

世の中なんでもネットで調べられる時代になったとはいえ、
物書きたるもの、本や資料を漁って時にはみずからの足で調べてなんぼだと思うのです。
なかなか難しいことではありますし、私自身得意ではありませんが、
かくあらねばと自戒しております。
それは、ある芝居を観たためです。

昔みたその芝居は、戦争前後の話でした。
そのためビラやパンフに歴史背景や用語説明が掲載されていたんですね。
そりゃいいですよ、いいですけど、
すべて文末に「出典:Wikipedia」…

挨拶文で「私の芝居は難しいと言われるが芝居とはそういうものだ!」
と息巻かれてましたが、
凄まじく底の浅い芝居で分かりやすいにもほどがありました。
そりゃあなた、出典Wikipediaですもの。
まあ、ビラの写真も「出典:Wikipedia」だったので、
むしろそういうギャグなのかもしれません。

昔教授が「新書は史料にならん。参考史料の参考史料を探せ!」と仰っていたのですが、
そういうことなんですな。

さて、なんの資料から集めるかな。
こないだ資料探すつもりが、妖怪大図鑑ばかり借りてきてしまったからねえ…
author:なんぶくみこ, category:芝居まわり, 08:05
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://essay.nanbukeisatsu.com/trackback/935324