RSS | ATOM | SEARCH
咳にご注意。

 

こんばんは!なんぶです!!
師走ですね!寒いですね!!
旧友が贈ってくれた結婚祝いの毛布がとても気持ちよくて暖かくて
このくそ寒い家で大活躍しております。ありがとう!!



写真は少し前に行ったでずにーしーです。
我ながらいい写真が撮れました。

それにしても本当に寒いですね。
皆様風邪など召されていませんか?
私は実はここ数週間ほど、なぞの体調不良で苦しんでおりました。
熱はない、鼻水は少し出る、咳が一度で出すと吐かんばかりにでる。
もうこの咳がひたすら苦しい、しかも自分の意志で止められない。
見かねた上司に促され、会社近くの病院に行ったわけですよ。
それが一週間前。

「あーこれは風邪だね、むせてる状態で咳が止まらないんだよ」
はーそうなんすか。
「薬だしておくよ、これ飲めば明日の夜には楽になるから!!」

…次の日の夜、楽になるどころか悪化する咳。
肺の奥底からこみ上げるような咳で、眠れやしねえ。
朝、上司に断りをいれ休みにし、家の近所の病院へ行きましたよ。
レントゲンを撮ってもらい、先生の診察へ。
先生、私のレントゲン写真を前に黙りこくっているじゃないですか。
みると、肺の間が真っ白。
うわ、何、なんか変な病気なの!?

「喘息ですね」

…は?

「あと慢性的な気管支炎を起こしてますね」

…まあ私、幼い頃から喘息持ちですが、
発作は一年に一度あるかないか、
そもそもここ16年、起きたことがない。

「といっても、現におきてるからねえ、あまり関係ないよ」

…会社近所の先生には
「十何年もたって喘息とか起きないよアハハ」いわれましたが…

まあ確かに、
この肺の奥底が重くて苦しい感じは、かつて味わった感がありますよ。
今は色々いいお薬が出ているようで、
抗生物質に加えて貼り薬と吸入を出してもらったところ、
まだ咳はでるものの、段違いによくなりました。
…あんのヤブが!

皆様も治りが悪い場合は、病院を変えることをお勧めします。


ちなみに風邪を心配してくれた郷里の母に
「風邪じゃなくて喘息でした」と報告したところ、
「喘息流行っているそうよ、伯母さんも喘息の疑いがあるってー」

…母上、娘の持病忘れてません…?
author:なんぶくみこ, category:日常, 23:35
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://essay.nanbukeisatsu.com/trackback/935339