RSS | ATOM | SEARCH
アフターイベント出ます!
 こんにちは、なんぶです。
筋肉痛ですが、私はげんきです。
痛いよう、歩く度に足が痛いよう…。

それはさておきお知らせです!

我らが兄劇団、鋼鉄村松の次回公演「けつあごのゴメス」、
5月25日(土)の14時の回アフターイベント「小劇場つくば閥結団式」に
ナンブケイサツがお呼ばれしました。
で、主宰の私、なんぶが行ってきます!


タテヨコさんと鋼鉄さん以外は今のところ後輩なので、気分はホームなのですが、
おそらく主宰陣では一番私が「誰だお前」状態なので、
お客様に対しては完全アウェーかと思われます。
なので、みんな、観に来るなら25日の昼に是非。

ちなみに25日はひろおかさん誕生日なんで、
終わったら飲みに行ってもいいんですよ。

来てください。
来てください。
おねがい、来て…。


閑話休題。

GWは、主人の実家で田植えの手伝いをしたり甥っ子姪っ子と遊んだりしてました。
手伝いといってもできることはほとんどないので、
姪っ子ちゃんと追いかけっこしながら、空になった苗箱を洗う程度なのですが。

しかも「私もやる!」と姪っ子ちゃんに言われ、
多少コツを教えてやらせみたところ、6歳とも思えない要領のよさで
私よりもスピーディーかつキレイに作業を終わらせていったので、
おばさん、形無しですわ。

しかし初めてあったときは赤ん坊だった子が、
こうして跳ねて喋ってお手伝いも一人前になっているのを見ると、
子供の成長は早いし見逃せないと思いますね。


積み重ねた苗箱を取り出すとカエル、
泥が詰まってるな〜とブラシで突くとカエル、
姪っ子が笑顔で「カエルいた」とつかんでみせたカエル、
リリースしたのに戻ってくるカエル、
岸に捕まりそこねて流れてくるカエル、
カエル、カエル、
水田に響き渡る蛙の声

カエルの合唱と、そばを流れる河のせせらぎをBGMに
黙々と苗箱を洗っていると、
無の境地に至る心地がしました。

川向うの山の端に日が隠れて、
山里と田畑がだんだんと暮れゆくありさまは、
とても胸に迫るものがあり、話の1,2本かけそうな気もしました。

真っ黒にすすけていた心はすっかりリフレッシュ。
要領の悪いバイトや、
話を半分しか聞かない先輩に悩むことなど、
ひどくちっぽけで、馬鹿馬鹿しいと思われたので、
週明け早々悩まされてはいますが、めげずに頑張ろうと思います。
author:なんぶくみこ, category:お芝居, 12:52
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。